酸化還元電位とは

酸化還元電位とは酸化・還元能力を示す単位

酸化還元電位「ORP(Oxidation Reduction Potential)」とは酸化させる力と還元させる力の差を電位差で表した数値のことです。酸素が他の元素と結びつく反応を「酸化」といいます。酸素が水素と結びついて元素を酸化前の状態に戻す反応を「還元」といいます。

酸化するということは化学では「酸素と化合すること」もしくは「水素を失うこと」さらには「電子を失うこと」などと定義されています。還元するということは「酸素を失うこと」もしくは「水素を受け取ること」「電子を受け取ること」などと定義されます。

水の元素は水素(H)と酸素(O)で、水素の酸化還元電位は「-420mV」酸素は「+820mV」です。このことから酸化還元電位が低く還元力の強い水を精製するには水素を溶存させることが必要になります。

H4Oの酸化還元電位は「-600mV」

酸化力や還元力の能力を示す単位に「酸化還元電位(mV:ミリボルト)」という単位があります。この数値がプラス(+)なら酸化力が強くマイナス(-)なら還元力に優れていることを表します。私たちが使っている水道水の酸化還元電位は「+400mV」以上、場所によっては「+700mV」(酸性雨レベル)のところもあります。

H4Oにはミネラルウォーターの約150万倍もの水素が含まれており、その酸化還元電位は驚異の「-600mV」。他に類を見ない非常に高い還元力を示しています。(H4O -600mvという商品名はこの数値のことを表しています。)

なぜりんごは空気に触れると色が変わり、きゅうりは変わらないのか

皮をむいたりんごをそのままにしておくと切り口が茶色く変色していきますが、それに比べるときゅうりの断面はなかなか変色しません。

これは空気中の酸素によって、りんごの切り口が酸化してしまうからなのですが、きゅうりは酸化還元電位が「-120mV」とマイナスの要素を持っているため変色(酸化)しにくいのです。(りんごは「+550mV」)

ページの先頭へ

営業日16時までのご注文は当日中に発送。
本州なら翌日に到着します。
北海道、九州、沖縄は翌々日に到着します。

※山間部、離島など一部地域は除きます。

当店では送料・代引手数料はいただきません。
全国無料で配送いたします。

商品のご注文・ご相談・お問合わせ

フリーダイヤル 0120-14-8176 受付時間 9:00~18:00(日祝はお休み)

FAX注文(24時間受付中

FAX注文ガイドへ

メールでのお問合わせ

お問合わせ